EVENT イベント詳細

美術

Co-pic

2024
04
12
2024
06
23

山口慧太郎にとってレンズは外の世界を見るための窓ではなく、シャッターを押す時に左手をかけるためのちょうどよい突起物である。井口直人は2色に設定したコピー機で、自身の顔を複写する衝撃的な行為を20年あまり続けている。思い出のある写真が朽ちた古写真のように変化するのは、杉浦篤が深く愛でるように触れるから。幼少の頃からカメラを手にして日常を切り取ってきた中田啓瑛は、日々自身のファッションを記録している。米田祐二の写真は日々の暮らしの中での視点を映し出すが、撮影からはじまる一連の工程が他者とのコミュニケーションの重要な手段となっている。

本展ではart space co-jin+picture=「Co-pic」と題し、上記5名の営為の中から、写真を通して生じた独自で多彩な世界を紹介する。そこでは「表現」や「作品」といった枠組みでは捉えきれない景色が広がる。

基本情報
開催日
  • 2024年04月12日 - 2024年06月23日
    10:00ー18:00
開催場所
602-0853 京都市上京区河原町通荒神口上ル宮垣町83 レ・フレール1F art space co-jin
料金
無料
お問い合わせ先
  • 団体名:きょうと障害者文化芸術推進機構 art space co-jin
  • 電話番号:05011107655
  • メールアドレス:info@co-jin.jp
説明
山口慧太郎にとってレンズは外の世界を見るための窓ではなく、シャッターを押す時に左手をかけるためのちょうどよい突起物である。井口直人は2色に設定したコピー機で、自身の顔を複写する衝撃的な行為を20年あまり続けている。思い出のある写真が朽ちた古写真のように変化するのは、杉浦篤が深く愛でるように触れるから。幼少の頃からカメラを手にして日常を切り取ってきた中田啓瑛は、日々自身のファッションを記録している。米田祐二の写真は日々の暮らしの中での視点を映し出すが、撮影からはじまる一連の工程が他者とのコミュニケーションの重要な手段となっている。

本展ではart space co-jin+picture=「Co-pic」と題し、上記5名の営為の中から、写真を通して生じた独自で多彩な世界を紹介する。そこでは「表現」や「作品」といった枠組みでは捉えきれない景色が広がる。
主催
art space co-jin(きょうと障害者文化芸術推進機構)
共催・協力
共催:社会福祉法人 さふらん会 さふらん生活園、社会福祉法人 みぬま福祉会 工房集、一般社団法人 ヴァリアスコネクションズ ツナガリの福祉所

RECOMMEND

関連イベント


2024
04
01
2024
06
08
美術無料

<コロタイプ>工房開設120年記念 野村佐紀子写真展《承前啓後》

場所便利堂コロタイプギャラリー
2024年は便利堂コロタイプ工房開設から120年となるのを記念して、写真家野村佐紀子氏が1世紀以上にわたる伝統を受け継いだ現在の工房の風景と職人の姿を写し取り、職人がコロタイププリントで仕上げた作品を展観します。



2024
05
10
2024
05
13
その他

京都府立植物園 開園100周年記念 バラ切り花展示

場所植物園会館2階多目的室
「花の女王」という異名を持つバラ。主に北半球の温帯地域に分布し、一重咲きや八重咲きなどの様々な咲き方や種類は多種多様。皇帝ナポレオンの妻である皇后ジョゼフィーヌは、バラを愛し、パリ郊外のマルメゾン宮殿に世界各地のバラを集めたと言われています。長い歴史の中で多くの偉人にも愛されてきたバラを是非ご覧ください❁


2024
05
03
2024
05
05
その他

第16回 クラフト マルシェ in 京都府立植物園             ~花と緑の中、ご家族で楽しむ手づくり市~

場所京都府立植物園内・大芝生地
花や緑に囲まれながら、温もりある手づくり雑貨やお菓子、パンなどのお買い物を楽しむことができます♪親子で楽しめるワークショップもご用意しています!今年のゴールデンウイークは自然の中でのんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。