EVENT イベント詳細

生涯学習その他

恐竜時代の植物展

2024
07
19
2024
08
25

今年1月に100周年を迎えた京都府立植物園で、恐竜時代の植物をテーマとした特別企画展「恐竜時代の植物展」を初めて開催
植物園会館に恐竜の化石標本を展示するとともに、屋外には、恐竜が生きた時代の植物の付近など園内各所に様々な恐竜の大型フィギュアが複数体登場します。

基本情報
開催日
  • 2024年07月19日 - 2024年08月25日
開催場所
京都府立植物園
料金
一般200円、高校生150円、中学生以下無料(温室観覧料:一般200円、高校生150円、中学生以下無料)
お問い合わせ先
  • 団体名:京都府立植物園
  • 電話番号:075-701-0141
  • メールアドレス:
説明
今年1月に100周年を迎えた京都府立植物園で、恐竜時代の植物をテーマとした特別企画展「恐竜時代の植物展」を初めて開催
植物園会館に恐竜の化石標本を展示するとともに、屋外には、恐竜が生きた時代の植物の付近など園内各所に様々な恐竜の大型フィギュアが複数体登場します。
主催
京都府立植物園、京都府立植物園100周年実行委員会
共催・協力
協力:国立科学博物館、兵庫県立人と自然の博物館、大阪市立自然史博物館、京都市立青少年科学センター、タキイ種苗株式会社、
シュライヒジャパン株式会社、ステッドラー日本株式会社

RECOMMEND

関連イベント


2024
06
29
2024
06
29
生涯学習事前予約

新・京都学講座 三木大雲氏の京都怪談

場所京都府立京都学・歴彩館
怖くて優しい「京都怪談」を今年も開催!

京都市ご出身の三木大雲氏に、京都にまつわる怖いお話をしていただきます。
湿り気に満ちた夏本番前。
ゾっとする気分を味わいながらも、ほっこりとする三木大雲氏のお説法に耳を傾けてみませんか?

今年は暗いところが苦手な方やお子様をお連れの方におすすめの「サテライト会場」が登場!またお支払いは「前払い」(現金のみ)で京都学・歴彩館の1階事務室にて受付いたします。もちろん、当日のお支払いも可能です。

●講師 三木 大雲 (みき だいうん)氏
1972 (昭和47)年、京都の寺院の次男として生まれる。
実家は兄が継いだため、各地を流浪した。2005年、蓮久寺の第38代住職となる。
怪談を切り口にわかりやすく説法を説く「怪談説法」を確立。 実際にあった相談に基づく怪奇現象、自身の体験など、現代の怪談を説法へと繋ぎ、考え方や生き方、死生観が変わる仏教の教えを説く活動をしており、登録者数33万人を超えるYouTubeチャンネル「三木大雲チャンネル」を開設している。


2024
07
28
2024
07
28
生涯学習その他事前予約

歴彩館こどもカレッジ いきもの教室「発見!京都いきもの図鑑」

場所京都府立京都学・歴彩館 大ホール
京都の生きものや自然環境について楽しく学ぼう!

京都の森や川にはどんな生きものが住んでいるの?私たちのまわりの身近な生きものから、めずらしい生きものまで、京都の生きものの特徴や魅力を教えてもらおう!夏休みの自由研究にぴったりなお話や、生きもののくらしを守る「生物多様性」についてのお話も聞けますよ。

[講師プロフィール]
きょうと生物多様性センター スタッフ
京都の豊かな生物多様性を守るため、京都の生物多様性に関する情報の収集、普及啓発や担い手育成、多様な主体との連携など様々な取組を行っています。
https://www.pref.kyoto.jp/biodic/index.html

河合 嗣生 氏(環境カウンセラー)
私の仕事は、生きものとヒトが、共に幸せに暮らせる環境や場所づくりです。京都北山は、子供の頃からの自慢のフィールドです。さてみなさんにとっての北山とは?

★講師の先生への質問を募集します!
 聞いてみたいことがある方は、申込みフォームの「お申し込み内容」にご記入ください。
 ※すべての質問にお答えできない場合がございますので、ご了承ください。


2024
09
13
2024
11
24
美術その他

「LOVEファッションー私を着がえるとき」展

場所京都国立近代美術館(岡崎公園内)
服を着ることは人間の普遍的な営みの一つです。そして装いには私たちの内なる欲望が潜み、憧れや熱狂、葛藤や矛盾を伴って表れることがあります。 着る人のさまざまな情熱や願望=「LOVE」を受け止める存在としてのファッション。そこには万華鏡のようにカラフルな世界が広がっています。今回の展覧会では、京都服飾文化研究財団(KCI)所蔵の衣装コレクションを中心に、人間あるいは生物の根源的な欲望や本能を照射するアート作品とともに、ファッションとの関わりにみられるさまざまな「LOVE」のかたちについて考えます。展覧会を通して、服を着ることの意味について再び考えてみませんか。