EVENT イベント詳細

建築生涯学習

新・京都学講座 「建築探偵 円満字洋介の京都建築遺産」

2024
08
25
2024
08
25

〈建築探偵とひも解く京都の近代建築のヒミツ!〉
近代建築の宝庫としても有名な京都。建築探偵としても知られる建築家の円満字洋介さんと一緒に京都の建築の魅力を再発見してみませんか?
今回の講座では、京都市京セラ美術館や京都府立図書館などの建築が並ぶ岡崎公園の近代建築を紹介します。修復建築家の立場から見たタイルやステンドグラスなどの素材やデザインの解説や、まち歩きの楽しさがふくらむスケッチの方法についてもお話いただきます。

〈講師〉円満字洋介 氏(修復建築家、水彩画家、文筆家)
1960年大阪府生まれ。修復建築家として旧本野精吾邸や鴨東教会の改修を手掛ける。建築探偵としてKBS京都「京都建築探偵団」に出演したほか、町歩き団体「まいまい京都」で近代建築ツアーのガイドを務める。著書に「京都・大阪・神戸、名建築さんぽマップ」「京都の風水地理学」などがある。

基本情報
開催日
  • 2024年08月25日 - 2024年08月25日
    14:00~15:30(受付開始 13:15~)
開催場所
京都府立京都学・歴彩館 1階大ホール
定員
480名(事前申込制・先着順・自由席)
料金
500円
事前申し込みの有無
あり
お問い合わせ先
  • 団体名:京都府立京都学・歴彩館指定管理者「コングレ・日本管財・丸善雄松堂共同事業体」
  • 電話番号:075-723-4831([受付時間]9:00~17:00 ※休館日を除く)
  • メールアドレス:koho@rekisaikan.jp
説明
〈建築探偵とひも解く京都の近代建築のヒミツ!〉
近代建築の宝庫としても有名な京都。建築探偵としても知られる建築家の円満字洋介さんと一緒に京都の建築の魅力を再発見してみませんか?
今回の講座では、京都市京セラ美術館や京都府立図書館などの建築が並ぶ岡崎公園の近代建築を紹介します。修復建築家の立場から見たタイルやステンドグラスなどの素材やデザインの解説や、まち歩きの楽しさがふくらむスケッチの方法についてもお話いただきます。

〈講師〉円満字洋介 氏(修復建築家、水彩画家、文筆家)
1960年大阪府生まれ。修復建築家として旧本野精吾邸や鴨東教会の改修を手掛ける。建築探偵としてKBS京都「京都建築探偵団」に出演したほか、町歩き団体「まいまい京都」で近代建築ツアーのガイドを務める。著書に「京都・大阪・神戸、名建築さんぽマップ」「京都の風水地理学」などがある。
主催
京都府立京都学・歴彩館指定管理者「コングレ・日本管財・丸善雄松堂共同事業体」

RECOMMEND

関連イベント


2024
07
19
2024
08
25
生涯学習その他

恐竜時代の植物展

場所京都府立植物園
今年1月に100周年を迎えた京都府立植物園で、恐竜時代の植物をテーマとした特別企画展「恐竜時代の植物展」を初めて開催
植物園会館に恐竜の化石標本を展示するとともに、屋外には、恐竜が生きた時代の植物の付近など園内各所に様々な恐竜の大型フィギュアが複数体登場します。


2024
07
28
2024
07
28
生涯学習その他事前予約

歴彩館こどもカレッジ いきもの教室「発見!京都いきもの図鑑」

場所京都府立京都学・歴彩館 大ホール
京都の生きものや自然環境について楽しく学ぼう!

京都の森や川にはどんな生きものが住んでいるの?私たちのまわりの身近な生きものから、めずらしい生きものまで、京都の生きものの特徴や魅力を教えてもらおう!夏休みの自由研究にぴったりなお話や、生きもののくらしを守る「生物多様性」についてのお話も聞けますよ。

[講師プロフィール]
きょうと生物多様性センター スタッフ
京都の豊かな生物多様性を守るため、京都の生物多様性に関する情報の収集、普及啓発や担い手育成、多様な主体との連携など様々な取組を行っています。
https://www.pref.kyoto.jp/biodic/index.html

河合 嗣生 氏(環境カウンセラー)
私の仕事は、生きものとヒトが、共に幸せに暮らせる環境や場所づくりです。京都北山は、子供の頃からの自慢のフィールドです。さてみなさんにとっての北山とは?

★講師の先生への質問を募集します!
 聞いてみたいことがある方は、申込みフォームの「お申し込み内容」にご記入ください。
 ※すべての質問にお答えできない場合がございますので、ご了承ください。


2024
08
05
2024
08
18
美術伝統建築無料

藏田光憲 陶芸展 南禅寺参道菊水

場所南禅寺参道菊水
藏田光憲 陶芸展 南禅寺参道菊水

2024年 8月5日(月)〜8月18日(日)

11時30分〜17時

作家在廊日 8月5日、6日、17日、18日

観覧無料

藏田光憲
岐阜県恵那市在住。自ら石を積み上げ築いた巨大な穴窯で、三日三晩薪をくべ続け焼き上げた茶陶を中心とした個展。
およそ1300℃にも上がる炎によって焼き付けられた風合い豊かな作品をお楽しみください。