EVENT イベント詳細

伝統

第10回京都迎賓館文化サロン 漆工芸(しっこうげい)~螺鈿(らでん)~

2024
08
22

"
京都迎賓館は、日本の歴史、文化を象徴する都市・京都で、海外からの賓客を心
をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくための国の迎賓施設と
して平成17年に建設されました。
数多くの伝統技能が活用されており、至るところで匠の技をご覧いただけます。
これらの日本の伝統技能や文化に関するテーマ毎に、京都迎賓館にゆかりのある
講師による講演と、少人数での館内ガイドツアーを体験いただける「京都迎賓館
文化サロン」を開催いたします!

第10回は、京都迎賓館に活用されている伝統工芸技術「漆工芸(螺鈿)」について、螺鈿の人間国宝の故・北村昭斎(しょうさい)氏の次男であり、選定保存技術「漆工品修理」保持者・北村繁氏を講師にお招きし、皆様に漆工芸の魅力をお伝えします!

【開催内容】
○講演テーマ「漆工芸のいま・むかし~螺鈿を中心に~」
○繁氏による螺鈿の実演 
○北村昭斎氏及び繁氏の貴重な作品の展示
○首脳会談等が行われる通常非公開の「水明の間」を含む館内ガイドツアー
〇螺鈿・蒔絵の技術を駆使した当館所蔵の座卓を初公開"

基本情報
開催日
  • 2024年08月22日
開催場所
京都迎賓館
定員
144名(午前の部:72名、午後の部:72名)
料金
一般:5,000円、大学生・専門学生:3,500円、中高生:1,500円
事前申し込みの有無
あり
お問い合わせ先
  • 団体名:
  • 電話番号:075-223-2301
  • メールアドレス:i.kyotogeihinkan@cao.go.jp
説明
"
京都迎賓館は、日本の歴史、文化を象徴する都市・京都で、海外からの賓客を心
をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくための国の迎賓施設と
して平成17年に建設されました。
数多くの伝統技能が活用されており、至るところで匠の技をご覧いただけます。
これらの日本の伝統技能や文化に関するテーマ毎に、京都迎賓館にゆかりのある
講師による講演と、少人数での館内ガイドツアーを体験いただける「京都迎賓館
文化サロン」を開催いたします!

第10回は、京都迎賓館に活用されている伝統工芸技術「漆工芸(螺鈿)」について、螺鈿の人間国宝の故・北村昭斎(しょうさい)氏の次男であり、選定保存技術「漆工品修理」保持者・北村繁氏を講師にお招きし、皆様に漆工芸の魅力をお伝えします!

【開催内容】
○講演テーマ「漆工芸のいま・むかし~螺鈿を中心に~」
○繁氏による螺鈿の実演 
○北村昭斎氏及び繁氏の貴重な作品の展示
○首脳会談等が行われる通常非公開の「水明の間」を含む館内ガイドツアー
〇螺鈿・蒔絵の技術を駆使した当館所蔵の座卓を初公開"
主催
内閣府迎賓館京都事務所
共催・協力
公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー

RECOMMEND

関連イベント


2024
08
04
2024
08
04
伝統事前予約

歴彩館こどもカレッジ「かつらふくまるの親子落語劇場」

場所京都府立京都学・歴彩館 大ホール
想像力を育む!伝統芸能「落語」の世界を、親子で楽しく体験してみませんか?
実は京都にもゆかりの深い伝統芸能「落語」に楽しくふれられる鑑賞会です。
落語3席(3つのお話)のほか、解説やクイズ・体験の楽しいコーナーもありますので
落語が初めてという方でもお気軽にご参加いただけます。
あなたの想像力で、落語の世界は何倍にも大きく広がりますよ!

[出演者]
●桂 福丸 (かつら ふくまる)
1978年神戸市生まれ。灘中学灘高校卒業後、京都大学法学部に進学。2001年卒業。卒業後は英語落語を学びアメリカでも公演を行う。2007年2月、4代目桂福団治に入門。天満天神繁昌亭ほか、各地の落語会に出演中。寄席では古典落語を中心に演じている。2021年より、小学生向けの落語会「子どもだけ寄席」を開始。2023年度 繁昌亭大賞・奨励賞受賞
●桂 治門(かつら じもん)


2024
08
05
2024
08
18
美術伝統建築無料

藏田光憲 陶芸展 南禅寺参道菊水

場所南禅寺参道菊水
藏田光憲 陶芸展 南禅寺参道菊水

2024年 8月5日(月)〜8月18日(日)

11時30分〜17時

作家在廊日 8月5日、6日、17日、18日

観覧無料

藏田光憲
岐阜県恵那市在住。自ら石を積み上げ築いた巨大な穴窯で、三日三晩薪をくべ続け焼き上げた茶陶を中心とした個展。
およそ1300℃にも上がる炎によって焼き付けられた風合い豊かな作品をお楽しみください。


2024
09
03
伝統

第四回 古典の日 文化基金賞授賞式

場所京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ
 11月1日が「古典の日」に制定されたことを記念して、彬子女王殿下を名誉総裁に奉戴して、古典文化の研究・普及・啓発活動に貢献した個人・法人・団体を顕彰する「古典の日文化基金賞」が創設され、今年で第4回の授賞式を迎えます。
 『源氏物語』や『枕草子』だけが古典ではありません。地域の風土と歴史に根差した伝統芸能、文学、工芸、祭事など多彩で豊かな古典文化が日本全国に存在します。「古典の日文化基金賞」は親しみやすい古典の在り方を目指して、全国各地で古典文化に取り組んでいる皆さんを応援してまいります。
 この度、国内外からの多数の候補者の中から、[文学・思想][伝統芸能・音楽][美術・生活文化]の3つの分野と、次世代の日本文化を担う若者達の古典文化活動を励まし顕彰する「古典の日文化基金未来賞」の受賞者が決定いたしました。
 応募締切は令和6年7月30日(火)、古典の日文化基金賞顕彰委員会ホームページもしくは郵便往復はがきにてご応募ください。