EVENT イベント詳細

美術ダンスメディア芸術(映画・マンガ・アニメ・ゲーム等)

第48回グッドアート展

2024
03
05
2024
03
10

伝統芸術、特に伝統美術工芸の盛んな京都で、まだまだ一般的に知られるようになったとはいえない現代美術工芸の展覧会を開催し、その普及に努めることを目的とする。
平面、立体作品だけではなく、インスタレーションやパフォーマンスアートなどの自由な創造活動を展開することにより、人々に、美術に対するより多くの興味と広い視野を持っていただけるように努力する。

基本情報
開催日
  • 2024年03月05日 - 2024年03月10日
    10:00~18:00
開催場所
京都市京セラ美術館
定員
無制限
料金
無料
事前申し込みの有無
なし
お問い合わせ先
  • 団体名:グッドアート
  • 電話番号:077-594-1317
  • メールアドレス:takamitsuyoshid@gmail.com
説明
伝統芸術、特に伝統美術工芸の盛んな京都で、まだまだ一般的に知られるようになったとはいえない現代美術工芸の展覧会を開催し、その普及に努めることを目的とする。
平面、立体作品だけではなく、インスタレーションやパフォーマンスアートなどの自由な創造活動を展開することにより、人々に、美術に対するより多くの興味と広い視野を持っていただけるように努力する。
主催
グッドアート
共催・協力
後援 後援者 ●京都府(展覧会の宣伝等、申請予定) ●京都市(展覧会の宣伝等、申請予定) ●京都新聞(展覧会の宣伝等、申請予定) ●エフエム京都 (展覧会の宣伝等、申請予定)

RECOMMEND

関連イベント


2023
11
27
2024
03
23
美術伝統歴史無料

『MANGAのはじまり−有楽社と「東京パック」』

場所便利堂コロタイプギャラリー
便利堂コロタイプギャラリーでは、便利堂創業者が東京でおこしたユニークな出版社「有楽社」と、同社が刊行した漫画の嚆矢であり、「パック」という言葉が、明治期の日本においてマンガの代名詞となるほど人気を博していた漫画雑誌「東京パック」とその関係資料を展示します。

便利堂は明治期に創業し、世界でも希少となったコロタイプを継承、発展させてきた会社ですが、長い歴史の中で、さまざまな表情を持っております。
創業者である中村弥次郎(有楽)は明治20年、14歳で便利堂を創業したのち、兄弟に経営を譲り、明治36年に東京で出版社「有楽社」を創立しました。最初の職業漫画家と言われる北沢楽天を迎えて出版した「東京パック」は日本初の全ページ石販多色刷の大判カラー漫画雑誌でした。本展では当時の世相を反映した明治38年の創刊から明治45年までの全227冊の表紙を一堂にご覧いただけます。

また集英社マンガアートヘリテージとして、集英社ではマンガを受け継がれていくべきアートととらえ、この文化遺産を保存継承されていくプロジェクトに取り組まれております。
そのなかのひとつに「The Millenniumシリーズ」があります。千年先にマンガを伝える手段のひとつに選ばれたのが、1世紀以上にわたり文化財複製に用いられてきた便利堂のコロタイプです。その中から、久保帯人「BLEACH」より2022年に制作しました「黒衣少年図」を集英社ご協力のもと初の展示を行います。

MANGAのはじまりと未来への継承をぜひご覧ください!


【開催概要】
便利堂コロタイプギャラリー〈冬・早春季期〉企画展示
『MANGAのはじまり−有楽社と「東京パック」』展
場所:京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302番地 便利堂コロタイプギャラリー
会期:2023年11月27日(月)− 2024年3月23日(土)
開場時間:10:00~12:00/13:00~17:00
休廊: 日曜日・祝日・年末年始
入場料:無料*地下鉄烏丸線「丸太町駅」6番出口より徒歩6分
*駐車場あり(ギャラリー横、京都 便利堂本店前)


2023
12
09
2024
03
16
美術ダンス演劇無料

鑑賞プログラム「拝啓 京都芸術センターにまだ来たことがない貴方へ vol.2」

場所京都芸術センター、ロームシアター京都、京都観世会館他
京都芸術センターでは、さまざまなジャンルのまだ価値が定まっていない作品や新しい取り組みを積極的に紹介しています。このプログラムでは、「知らなかったこと」や「わからないこと」を参加者同士で話すことを通じて、作品を観る楽しみを発見していきます。

\こんな方にオススメ!/
・アートに関心はあるけれど、展示や公演を観にいくきっかけがない・・・
・芸術は自分の生活や関心にどうつながるのだろう?
・鑑賞して思ったことを誰かと共有してみたい!

【スケジュール】
■オリエンテーション+建築ツアー
はじめて京都芸術センターに足を踏み入れる日!元明倫小学校を改築した建物を探検してみましょう。
日時:2023年12月9日(土)13:30~15:00
場所:京都芸術センター

■鑑賞①ダンス公演 谷中佑輔『空気きまぐれ』
ダンサー・彫刻家の谷中佑輔が注目するのは「空気」。ろう者のパフォーマーらと共同制作し、それぞれの触れている「空気」について探ります。
日時: 2023年12月16日(土)18:30~21:00
場所:京都芸術センター

■鑑賞②展覧会 居原田遥『当意即妙 Be tactful!』
キュレーターの居原田遥が企画する、ミャンマーで起きたクーデターをきっかけとして生まれた文化的なアクションやアート/実践を紹介する展覧会。
日時:2024年1月21日(日)13:30~16:00
場所:京都芸術センター

■鑑賞③演劇公演 『PANCETTA LAB 2024 IN KYOTO』
シンプルな空間で音・光・身体のみによる演出を用い、新感覚の“喜劇”を生み出すPANCETTA。ロームシアターにどんなシーンがあらわれるでしょうか?
日時:2024年2月3日(土)13:30~16:00
場所:ロームシアター京都 ノースホール

■鑑賞④伝統芸能 市民狂言会
市民狂言会は65年以上の歴史ある狂言会です。大蔵流茂山千五郎家・忠三郎家の協力のもと、京都市民に親しまれてきました。パンフレットには、狂言師・茂山あきらによる親しみやすい解説文付き。
日時:2024年3月8日(金)18:30~21:00
場所:京都観世会館

■ふりかえり
鑑賞プログラム最後の日。これまでの鑑賞体験をふりかえろう。
日時:2024年3月16日(土)14:30~16:00
場所:京都芸術センター


2024
01
07
2024
03
31
美術伝統歴史

新春展「炭道具―美味しい一碗を―」

場所茶道資料館
 風炉や炉に炭をつぎ、火相と湯相を整える炭手前。それに必要な道具一式を「炭道具」といいます。炭道具には炭斗、羽箒、鐶、火箸、香合、釜敷、灰器、灰匙などがあり、風炉と炉の違いや茶事の趣向などに応じて、茶人はさまざまに取り合わせを愉しんできました。利休七則には「炭は湯の沸くように」とあるように、その教えは客をもてなす心得の一つとして、今もなお大切に受け継がれています。
 本来、釜に湯を沸かすための一連の行為は裏方の準備作業であり、客が拝見するものではありませんでした。しかし、亭主が茶室に炭道具を持ち出し、客前で炭をつぐようになったことで、それまで人目に触れることがなかった炭道具にも注目が集まるようになります。そして、茶の湯の発展とともに意匠を凝らした様々な炭道具が見出されました。
 本展では、風炉と炉の炭道具の違いや季節の取り合わせ、裏千家歴代宗匠の好み物などを中心に紹介します。あわせて、茶の湯と炭の歴史にも触れながら、関連する茶道具や茶の湯のための特別な炭「道具炭」に関する資料もご覧いただきます。この機会に、炭道具の奥深い世界をご堪能ください。

【呈茶席】
抹茶と、季節や展覧会に因んだ和菓子を立礼形式の点前でお出しします。
ご希望の方には、お茶碗の持ち方やお茶・お菓子のいただき方の説明をしておりますので、予約時にお申し付けください。
料金:1,000円(要別途入館料)メンバーシップ校の方は800円(入館は無料)
席数:5席(10時・11時・13時・14時・15時)
定員:各席16人